口唇ヘルペスや帯状疱疹は誰もが罹り得る感染症です。早期治療にはバルトレックスやゾビラックスが有効です。

バルトレックス・ゾビラックス探究

身近なウイルスのヘルペス

誰しもがかかり、また再発の可能性のあるヘルペス。
痒みや痛みを伴う小さな水疱(いわゆる水ぶくれ)が集まった状態、または1つの水疱が出来た後、かさぶたとなります。
おおよそ2週間程度で治りますがその間は面倒ですよね。
また、治っても再発を繰り返してしまう厄介な症状です。

ヘルペスの概要

そもそもヘルペスという症状はヘルペスウイルスが原因で起こるものです。
ウイルスにも種類があり、口唇ヘルペスなど主に上半身に発症する1型と性器ヘルペスなど下半身へ発症する2型の2種類ウイルスがあります。

【1型】口唇ヘルペスなど(発症箇所:上半身)

【2型】性器ヘルペスなど(発症箇所:下半身)

この症状は「単純ヘルペス」と呼ばれ、その他の症状として水ぼうそうや帯状疱疹などもあります。
いずれの症状も再発してしまう可能性があり厄介なものです。

感染力の強いヘルペス

なぜ、ヘルペスは繰り返し発症してしまうのでしょうか?

ヘルペスウイルスの感染力は非常に強く、飛沫感染や接触感染で簡単に感染をします。

それは他人からの感染だけではなく、親子の間でも感染します。
そのため親がヘルペスウイルスのキャリアであれば、子に感染してしまいます。
幼児期に水ぼうそうになってしまった事がある人も多いのではないでしょうか?この水ぼうそうは親子間でのウイルス感染による可能性が高いのです。

水ぼうそうもそうなのですが、1度症状が治ってもウイルスが体内から無くなる事はありません。
なぜならば症状が治まった間は、体内の神経節に潜伏しているためです。

疲労による免疫の低下、紫外線の影響や発熱など体に刺激やストレスが加わると体内に潜伏していたウイルスが増殖してしまい症状が再発をしてしまいます。

感染力が強く、気付かぬうちに感染をしているかもしれないヘルペスウイルス。
症状が現れた場合は十分休養をし、早期治療を心がけましょう。

ヘルペスだから放置しても大丈夫と思っても重症化をしてしまうこともあります。
結果、二次感染を起こし生活にも支障をきたす可能性もあります。
恥ずかしがらずにきちんと医療機関へ行きましょう。

ヘルペスの対処法と予防法

ヘルペスは1度かかってしまうとウイルスが体内に潜伏し、あるときに増殖、そして再発をしてしまう厄介な症状です。

体内にウイルスが入ってしまいますと神経節に潜り込むため、消し去ることが出来ません。
要するに完治できない病気なのです。

更に先述した通り、ヘルペスは再発を繰り返す症状でもあります。
しかし完治はできずとも、再発を予防することは可能です。

ヘルペス再発防止対策

免疫力が低下している場合、再発が起きやすいため免疫力を高めることが重要です。
ひどい疲れが続くときやストレスが溜まっていると免疫力が低下します。そのためウイルスの活動が活発になり再発の恐れがあります。
休養やストレスの発散を十分に行ないましょう。

また、有効な栄養素を摂ることも再発を予防します。
リジンという体内では作られない必須アミノ酸がヘルペスウイルスの栄養素となるアルギニンを減らしてくれます。
リジンを多く含む食物として以下のものが挙げられます。

・そば
・大豆製品
・魚介類
・肉類

なかなかこれらを摂れない人はサプリメントでも販売しています。こちらを活用するのもいいと思います。

ビタミンCも有効な栄養素です。
抗酸化作用を持っているビタミンですので免疫力を高めてくれます。
特にフルーツや野菜に多く含まれているのでリジンを含む食品と共にとりたい栄養素です。

ヘルペスと食べ物の関係については下記のページに詳しく記載しておりますので気になる方はお読みください。

ヘルペスを発症してしまったら

予防法はあれども、ヘルペスを発症してしまった場合どうすればいいのでしょうか?

有効な対処法は異常を感じた場合への早期対処です。
口唇ヘルペスを例に挙げると、初期症状として広角や唇の周りがチクチクしたりムズムズしてきます。
医療機関へ行き処置を受けることが重要です。

しかし、病院へ行く時間がない人にとっては市販薬も販売されています。
皮膚科のお薬が1番効き目がありますが、市販薬もいち早く塗布すれば症状を抑えることが出来ます。
なお、内服薬は非常に効果が高いものの市販はされておりませんので、内服薬が欲しい場合は医薬品通販を活用するのが賢明といえます。

普段から免疫力を高め、いざヘルペスになってしまった場合には放っておかないことです。
医療機関へ早めに行くか、治療薬を手に入れて早期に治療を行うことが大切なのです。

次に、ヘルペス治療にもっとも効果のある医薬品を紹介します。

ヘルペス治療薬バルトレックス

バルトレックスとは単純ヘルペスウイルスや帯状疱疹ウイルスに効果のある抗ウイルス剤です。
ヘルペスや帯状疱疹は治りにくく、重篤化しやすい病気であるために、非常に注目されている抗ウイルス剤です。

バルトレックスの特徴

主成分はバラシクロビル塩酸塩で、ウイルス感染細胞内で活性化し、ウイルスのDNA鎖の伸長を阻害し、ウイルスがDNAを複製できないようにします。

従来、ヘルペスの治療薬として利用されていたのはゾビラックスという医薬品でしたが、1日に何度も服用しなければならないというデメリットがありました。
しかし、このバルトレックスは体内に吸収されてからゾビラックスの主成分であるアシクロビルに変化し、ヘルペスウイルスや帯状疱疹ウイルスなどの感染細胞内に取り込まれていくために、吸収率が非常に高いのが特徴です。

従来のアシクロビルを服用するのに比べると、消化器官から吸収されやすいために、1日の服用回数を減らすことができ、さらに治療も早いというメリットがあります。

バルトレックスの服用方法

用法・用量は、1回1000ミリグラムを1日3回服用します。

服用は症状が出たあと、早ければ早いほど効果が高く、基本的には症状が出てから5日以内に服用を開始します。
そして、もし7日間服用しも症状に改善がみられない場合は、他の治療に切り替える必要があります。

バルトレックスの副作用

バルトレックスの副作用としては、発疹やかゆみ、頭痛やめまいなどが報告されています。
また、下痢や吐き気、嘔吐、腹部の不快感などが起こることもあります。
重い副作用としては、間質性肺炎や急性腎不全、血小板減少症などが報告されています。
さらに、けいれんや幻覚、昏睡、再生不良性貧血などの副作用の可能性もあります。
このような副作用の症状が現れた場合は、すぐに使用を中止し、医師に相談しましょう。

バルトレックスの購入方法

海外医薬品の通販を利用することで簡単にバルトレックスを購入することができます。
当サイトで紹介している個人輸入代行サイトはすべて日本語で記載されており、サポート体制も整っているため安心してご利用いただけます。

治療はもちろん、ヘルペスの再発防止用に常備薬として持っておくことをおすすめします。
バルトレックスの購入は下のバナーよりどうぞ。