水疱瘡等のヘルペスは日常のスキンシップでも感染のリスクがあります。発症後には抗ウイルス薬による速やかな治療が必要です。

バルトレックス・ゾビラックス探究
  1. トップ
  2. ヘルペスの感染経路

ヘルペスの感染経路

ヘルペスは非常に感染力が強く、人との接触により感染をします。
他の動物からは一切感染しません。

感染経路は直接的な接触と飛沫感染です。

患部に触れたり、また、それらに使用したタオルや咳、くしゃみ、グラスなどについた唾液にもウイルスは潜んでいます。
またキスによる感染も起こりえますので、夫婦間や親子間でも感染をします。

症状が出ていない時、通常ウイルスは神経へと潜み静まっている状態ではあるのですが、唾液と一緒に出てくる場合もあります。

親子間でのヘルペス感染

乳幼児の時期に水疱瘡になった人も多いのではないでしょうか?
水疱瘡もヘルペスの一種です。

水疱瘡になってしまう理由としては、親子間のスキンシップによるウイルスへの感染が原因として多いのです。
ですが乳幼児の時に感染したとしてもすぐには発症せず何年か経過してから発症する場合もあります。

ウイルス保持による自己感染

現在ヘルペスの症状が出ている人はウイルスを排出している状態にあります。

その際に免疫のない人や、免疫があっても風邪を引いていたり疲労により抵抗力が落ちている人は感染しやすくなってしまいます。

また、自分が発症している状態で、患部に触れた手で他の部位に触れてしまうと自分のウイルスが移ってしまい感染をしてしまうということもありえますので、患部に触れた際は必ず手洗いをしましょう。

ヘルペスとアトピー性皮膚炎

皮膚のバリア機能が低下しているアトピー性皮膚炎の人も注意が必要です。

皮膚から感染し、皮膚の広範囲に広がってしまう恐れもあり重症化しやすいのです。
アトピー性皮膚炎の人も接触には気を付けなければなりません。

ヘルペス早期治療の重要性

いつどこから感染してしまうか分からないヘルペス。
たとえ気をつけていても、あるいは発症をしていなくても、ウイルスが知らず知らずのうちに出てきてしまい感染する可能性があるのです。

しかし誰しもがなりうる症状ですし、必要以上に恐れる事はありません。
再発を繰り返してしまう人もいればそれっきりの人もいます。

もしも発症した場合は、速やかに医療機関を受診するか、治療薬を服用するようにしましょう。

放っておくのが1番危険な状態なのです。
ヘルペスに感染したら早めの処置が肝要です。