性器ヘルペス、口唇ヘルペス、帯状疱疹といった身近なヘルペスウイルスから、あまり知られていない伝染性単核症等の解説です。

バルトレックス・ゾビラックス探究
  1. トップ
  2. ヘルペスウイルスの種類

ヘルペスウイルスの種類

ヘルペスには8種類のウイルスがあり、症状やその症状が発症する場所が違うことを皆さんはご存知ですか?
ここでは、私達がかかりやすい口唇ヘルペスや性器ヘルペスをはじめ、その他のヘルペスについてお伝えします。

口唇・性器ヘルペス

ヘルペスと聞くと真っ先に頭に浮かぶのがこの2種類だと思います。
同じような疾病と考えられる方もいらっしゃいますが、実はこの症状を起こすウイルスも違うものなのです。
それぞれのウイルスには下記の特徴があります。

【1型ウイルス(HSV-1)】
口唇ヘルペスなど上半身に症状を発症させる。

【2型ウイルス(HSV-2)】
性器ヘルペスなど下半身に症状を発生させる。

これらのヘルペスは「単純ヘルペス」と呼ばれており最も身近なヘルペスウイルスといえます。

帯状疱疹

痛みが強く半身に出来る(神経にそって出来る)非常に厄介な疾病です。

帯状疱疹もヘルペスの一種で、単純ヘルペスとは違う水痘・帯状疱疹ウイルスにより発症します。
これは帯状疱疹以外にも、水ぼうそうも発症させるウイルスです。
水痘・帯状疱疹ウイルスも代表的なヘルペスウイルスで1度かかると再発はしないと言われています。

伝染性単核症

あまり聞き慣れないこの症状もヘルペスの症状の1つです。
こちらは上に挙げたヘルペスウイルスとは種類が違い、エプスタイン・バーウイルス(EBウイルス)により引き起こされます。

アメリカではキスによる感染が多いため、キス病とも呼ばれているようです。
症状は発熱や首のリンパ節の腫れ、湿疹、肝臓や脾臓の腫れや肝機能の異常が現れます。

サイトメガロウイルス

こちらの難しい名前のウイルスもヘルペスウイルスの一種で、単純ヘルペスと同じように飛沫や接触により感染します。

症状としては伝染性単核症と似た症状で、特別な治療を行わなくても問題はありません。
ですが、妊婦に感染すると胎児に影響が出るので、妊婦の方の感染は特に注意が必要です。

ヒトヘルペスウイルス(HHV)

最後にご紹介するヒトヘルペスウイルスには、型が6、7、8とあります。

【突発性発疹を起こすウイルス】
・ヒトヘルペスウイルス6
・ヒトヘルペスウイルス7

【悪性腫瘍の原因となるウイルス】
・ヒトヘルペスウイルス8
カポジ肉腫と呼ばれる悪性腫瘍を発生させます。
感染経路は正確に分かってはいませんが、男性同士の性交による感染率が高いといわれています。

このように、ヘルペスといえどウイルスの種類が違い、また症状も違います。
症状によりうまく対処していきましょう。

ヘルペスの治療薬については以下のリンクよりご覧ください。