性器ヘルペスの原因及び概要と、抗ウイルス薬バルトレックスによる治療法、再発予防に向けた対策の説明です。

バルトレックス・ゾビラックス探究
  1. トップ
  2. 性器ヘルペスの概要

性器ヘルペスの概要

ヘルペスは、唇や性器等に水泡ができる感染症です。
特に性器ヘルペスは、セックス等により菌に罹患した人を通じて感染することが多くあります。

性器ヘルペスの発症

菌に感染してからの潜伏期間は3日から10日と、菌の強さや感染した人の免疫力の強さや抵抗力によっても異なってきます。

感染の主な症状としては、性器に小さな水泡ができ、痒みや痛みを伴います。
広がり具合や状態によっては、排尿時に痛みを伴い、排尿が困難になることもあります。

ヘルペスは投薬等による治療を行いますが、いったん回復しても菌が完全に死滅することはなく、再発を繰り返す厄介な病気です。

性器ヘルペスの再発予防

不規則な生活や栄養バランスの悪さなどによって免疫力が低下した時などに、再発しやすくなります。
そのため、再発予防のためには日頃の健康管理が必要になります。

それに加えて、予防薬としてバルトレックスを服用する方法もあります。

バルトレックスは性器ヘルペスの予防だけでなく、一般的には帯状疱疹や水ぼうそうの治療薬として用いられる薬です。
帯状疱疹や水ぼうそうも、ヘルペスウィルスに属する菌の増殖によって症状が重くなりますが、菌を殺菌して増殖や活動を不活発にし、水泡を消滅させたり、発疹を抑え、解熱等の効果が期待できます。

性器ヘルペスの場合には、1日1回服用することで菌が再び活性化する環境を阻害してくれます。
服用中は普段より水分を大目に摂ることを心がけましょう。