ヘルペス治療薬のバルトレックス、ジェネリックのバルシビルを個人輸入代行サイトで安く購入する方法を紹介します。

バルトレックス・ゾビラックス探究
  1. トップ
  2. ヘルペス治療薬の個人輸入

ヘルペス治療薬の個人輸入

普段送る生活や過労により抵抗力が落ちてしまいヘルペスが発症してしまうことがあります。
ヘルペスウイルスは体内から消えずに残っているため、再発を繰り返してしまう症状です。

有効な治療法としては塗り薬を塗布すること、内服薬を飲むことです。

また、早く対処することにより症状を抑えられ、結果早期の治癒に繋がります。
特に体力が落ちてきているときはヘルペスのウイルスの活動が活発になるので、そのタイミングを外さずに服用するのがコツです。
逆に、そのタイミングを外して薬を服用し損ねると、ウイルスが活動を活発化させてしまうので、痛みを伴います。

病院で処方されるバルトレックス

病院に行くと、処方箋で出されるのは大抵バルトレックスという薬になります。
バルトレックスは内服後、活性したウイルス感染内細胞に入り込んで、ウイルスのDNA複製にストップをかけます。
一方、健全なウイルスに感染していない細胞に対する影響はほとんどありません。
非常によくできた薬といえます。

基本的には発症ということになるとすぐにかかりつけの病院、クリニックに行き、バルトレックスを手に入れるための処方箋を書いてもらうことが大切です。
ただ、必要最低限の量しか医師は処方することが出来ないという決まりがあります。
そのためいわゆる薬の貯め置きというのが難しい薬ではあります。

病院に行くことができればまだましですが、都合により医療機関へ行けないこともあると思います。
そのような方におすすめなのが、個人輸入代行サイトを利用する方法です。

ヘルペス治療薬を個人輸入するには

薬事法が改正されたことにより個人輸入で海外からヘルペス治療薬を購入することが出来るようになりました。

【個人輸入のメリット】

個人輸入の良いところは事前に準備が出来ることです。

再発を繰り返す人にとっては、感染細胞の複製化が加速する前に服用することが必要なので、適切なタイミングで服用しなければならず、時間を見つけて医療機関へ行かなければなりませんでした。
しかし個人輸入の場合、予めお薬を購入することにより常備することが出来、再発してしまった場合にはすぐに服用が可能となります。

3日以内にこれらの薬を服用しなければヘルペスウイルスの抑制にあまり効果がないと言われていますので早期対処が重要なヘルペスにはとてもよい効果を得られます。

【個人輸入のデメリット】

しかし個人輸入にもデメリットはあり、現地の言葉で直接やりとりしなければならずそれを覚えるのに時間がかかります。
また、個人輸入代行業者が運営している通販サイトがあります。
その運営サイトの中には詐欺行為を行っている業者もありますので、信頼できるサイトを見つけることが大切です。

1からすべて自分の力だけで手配するとなると大変ですが、大手の医薬品個人輸入代行サイトを経由することで非常に簡単に希望の薬を入手することが可能となります。

多くの利便性を兼ね備えた個人輸入

画期的な法律の改正により、お薬の購入の仕方に大きな選択肢ができました。
医療機関へ行くだけではなく、自分でお薬を選ぶことが出来、なおかつ費用も抑えられるようになりました。

また、ジェネリック医薬品も豊富で医療機関で処方してもらうよりも安くすむ場合もあり薬代を抑えることが出来ます。
バルトレックスを例に挙げるとバルトレックス1錠が保険適用で450~500円ほどかかるのに対し、バルシビルというジェネリック

【新薬】バルトレックス(1錠:450~500円)

【ジェネリック】バルシビル(1錠:130~280円)

1週間分の金額を考えると明らかに個人輸入で購入するほうが安くなりますので、金銭的なメリットは遥かに高いです。

気をつけるべき点には気を付け、個人輸入を有効に活用して、お得にお薬の購入をしましょう。