バルトレックスは帯状疱疹、水疱瘡の治療にも用いられる抗ウイルス薬です。副作用も少なく早期の服用で症状を改善します。

バルトレックス・ゾビラックス探究
  1. トップ
  2. 水疱瘡にも効くバルトレックス

水疱瘡にも効くバルトレックス

体の不快な症状のひとつにヘルペスがあげられます。
よく知られているものでは、口のまわりに出来る口唇ヘルペスがあげられますし、性器周辺に症状が見られる性器ヘルペスも多くの人が悩む症状です。

これらの症状は短期間で治ることも多いですが、再発を繰り返すという特徴があり、悩まれている方もいらっしゃるのではないでしょうか。
原因はヘルペスウィルスとなっており、唇の近くにできるものは、まず口のまわりが赤くなり、その後は小さな水ぶくれができ、かゆみやほてり、痛みが起こる場合もあります。
そして性器ヘルペスは性器の周辺に赤いできものやただれが起るのが特徴です。

最初の感染では強い痛みが出たり、発熱することもありますが、再発の場合は比較的軽く済む傾向もあります。

ヘルペスは疲労などで免疫力が落ちたときに起こりやすいので、再発を防ぐためにも、健康管理には気をつけていきましょう。

そして、治療で役立つ薬のひとつがバルトレックスです。

バルトレックスはヘルペスウイルスの増殖を抑えるのに役立つ抗ウィルス薬で、単純疱疹や帯状疱疹、さらに水疱瘡の治療などに利用されています。

バルトレックスは経口服用して症状を改善させていく薬ですが、症状により用量も変ってきますので、医療機関での説明は良く守り、正しく服用していきましょう。
副作用は少ないとされていますが、下痢、頭痛吐き気、発疹、めまいなどが起こる場合もあり、腎臓の働きの悪い方や高齢の方は特に注意が必要です。
副作用が強く出る場合は早めに医師に相談するようにしましょう。