ウイルス感染者との性交渉により性器ヘルペスは発症します。予防にはコンドーム、治療にはバルトレックスが有効です。

バルトレックス・ゾビラックス探究
  1. トップ
  2. 性器ヘルペスの予防

性器ヘルペスの予防

性器ヘルペスは、ヘルペスウイルスに感染することで発症する病気です。
口唇ヘルペスとは違いますが、ヘルペスウイルスに感染している人との性行為で感染します。

潜伏期間は、3日から10日程で、最初は痒みを感じることが多く、性器の周辺に水疱が出来て、痛みを伴うことが多くなっています。
排尿時に痛みを感じたり、排尿そのものが困難になることもありますし、38度以上の発熱が見られる場合があります。

性器ヘルペスが疑われたら、早めに専門の病院で診察を受けるようにして下さい。
治療は、抗ウイルス剤を処方されるので、症状が改善するまで薬の服用を中断せずに続けることが大切です。
症状が重症化している場合は、点滴の治療を受けることもあります。

この病気の厄介な点は、一旦治癒したと思っていても、精神的なストレスを受けたり、肉体疲労などで体の免疫力が低下していると再発しやすいことです。
女性の場合は、生理をきっかけに再発をする場合があるので、注意をするようにして下さい。

症状は人によって個人差がありますが、性器ヘルペスの疑いがある時は、十分な休息や睡眠を取って体を休めることが大切です。

性行為の際には性器ヘルペスを予防するためにコンドームの着用を心掛けるようにしましょう。

バルトレックスなどの抗ウイルス剤は、ウイルスの増殖を抑える働きがあるので、辛い症状を改善する効果があります。

病気が治癒するまで、感染を防ぐためにパートナーとの性行為は控えるようにして下さい。